会社の事業内容を再確認!企業ビジョンの伝達

内定者研修の重要なポイント

内定者研修は、新人が入社後に意欲的に仕事に取り組むうえで重要な機会として位置づけられています。特に、研修を通じて会社の事業内容を再確認したり、一人ひとりの内定者に企業ビジョンをしっかりと伝達したりすることが大切です。最近では、内定辞退のリスクに備えるために、積極的に内定者研修の内容を充実させようとする企業が増えており、なるべく多くの人に会社の魅力を理解してもらうことが何よりも大事です。また、内定者研修を行う時期については、人事担当者のみならず、新人の配属予定先の管理職などが話し合って決めることがポイントです。その他、内定者研修を成功させるために、早いうちからライバル企業の研修の実態を把握しておくと良いでしょう。

効果的な内定者研修の方法

内定者研修は、新卒の学生にとって、近い将来に同僚として働く人との顔合わせの場として捉えられることがあります。そのため、人事や総務などの担当者が率先して、内定者同士が入社前に親睦を深めたり、就職までの準備の仕方について話し合ったりできるように工夫をすることが大切です。また、入社後に一人ひとりの内定者に意欲的に仕事に取り組んでもらうために、一方的な座学での研修ばかりでなく、グループディスカッションやプレゼンなどの研修の方法を導入することもおすすめです。なお、内定者研修の必要性については、それぞれの企業の方針や職種などに大きく左右されるため、研修の計画を立てるにあたり、社内で念入りに打ち合わせをすることが大事です。