自分の技術を磨く!業務分野ごとの研修

入社後の研修は二段階に分けよう

入社後に行う新人研修は二段階に分けて行った方が効果的です。何人もの新規社員を雇用したときには一斉に行うべき研修と個別に行った方が良い研修を区別するとより良い成果が上がると期待できます。会社の経営理念や事業方針などに関する教育、ビジネスマナーや業界ルールなどに関する研修は全社員に対して行った方が良い一般研修です。それに対して、営業のノウハウや研究のプロセスなどに関する研修は、それぞれ営業職、研究職などに対して行うべき専門研修になります。まずは一般研修を行った上で、専門研修を行って一人前に働ける人材へと成長させていくというプロセスを取りましょう。業務分野ごとに技術研修を設定すると研修効果は飛躍的に上がります。

少人数での専門研修が効果的

技術研修は基本的には業務ごとに最適なカリキュラムを作って行うに越したことはありません。それぞれの社員が自分の技術を伸ばすための機会だと考え、高い目的意識を持って取り組めるようにすることが肝心です。専門性が高い業務に従事する人ほど、他の人とは教わらなければならないことにも違いがあります。できるだけ少人数にして個々の社員にとって不足している部分を補い、優れている部分を伸ばすといった方針で専門研修を行うのが合理的でしょう。座学で終わらせることなく実践的に学ばせるのが効果的なので、OJTによる研修でも構いません。業務内容によって適切なやり方があるので、どのような方法がベストかをよく考えてカリキュラムを決めましょう。