ビジネスマナーを振り返る!接客ポリシーの教育

入社前の社員教育とは

入社前に社員教育を施している会社はたくさんありますね。特に新卒社員を大量に募集している企業は、まず社員教育ありきの企業が多いでしょう。それでは企業は入社前に何を教育したいのでしょうか。
まず、企業の経営理念、つまり会社の考え方を企業は理解して貰いたいと思っています。どんなに優秀な社員でもまた努力を怠らない社員でも、考え方を誤ってしまっては、マイナスの生産性を生み出してしまう可能性があります。それほど企業にとって考え方の理解というものは大事なのです。
次に大事なのはビジネスマナーの修得です。社会人になると所属している企業の看板を背負うことになります。となるとビジネスマナーのない社員がその企業に所属していると、外部から見たその企業の評価は下がってしまいます。企業の考え方の理解と共にビジネスマナーの修得も大事なのです。

接客業に必要なビジネスマナー

多くの業種の中でも接客業で働く人にとっては特にビジネスマナーの習得は大事です。ビジネスマナーを理解してないとお客様に対して失礼な態度をする可能性があると共に、一緒に働いているメンバーからの信頼も得にくくなります。それではビジネスマナーはどのように修得するのでしょうか。
まず、一番良いのはビジネスマナー本を1冊購入することでしょう。1冊修得すれば、ある程度のビジネスマナーは理解できます。また、冠婚葬祭など、普段使わないビジネスマナーが必要な時はその時々にビジネスマナーの本を読んでから参加すると良いでしょう。
次に接客業をする方にとって修得すべきビジネスマナーは言葉使いです。同じ事を言うにも相手によって言葉を選ぶことが出来ればビジネスは潤滑になることがあります。その為には、大人の語彙力をまとめた本を1冊修得する事です。そうすれば接客業にとって一番欠かせない人間関係によい影響が出てくるでしょう。

入社して最初に受ける指導が新人研修です。社会人としての基本的なマナーや会社の方針、考え方について学ぶ登竜門です。