入社前の社員教育

就業規則の周知は、入社時がチャンスです。また、会社が取り扱う商材と接客方針を詳しく知ることも、的確な業務遂行には欠かせません。入社手続きと合わせて、中途採用者にも新人研修を実施してはいかがでしょうか。

まずはルールを確認!就業規則の読み合わせ

会社の事業内容を再確認!企業ビジョンの伝達

ビジネスマナーを振り返る!接客ポリシーの教育

入社後の社員教育

不明点を放置しない!定期面談を通じた振り返り研修

入社してしばらくたった社員に対して顧客からクレームがあり、どうしてそんなことが分からないのだろうと思ったり、何から指導してよいのかが分からないことがあります。これは、業務に関する不明点が解決されな…

Read More

自分の技術を磨く!業務分野ごとの研修

入社後に行う新人研修は二段階に分けて行った方が効果的です。何人もの新規社員を雇用したときには一斉に行うべき研修と個別に行った方が良い研修を区別するとより良い成果が上がると期待できます。会社の経営理…

Read More

幅広い視点を持つ!外部研修への参加

自社にはない何かを吸収する

研修は大きく分けると社内研修と社外研修があります。双方にメリットがありますが、社内研修のメリットは費用を抑えられることです。社外研修は多くのお金がかかりますが、それだけ内容の濃い研修が可能です。社外の研修は社内の人間だけでなく業界内の別会社からも参加があります。色々な人間がいると、一つのコミュニケーションから思わぬ情報や仕事のヒントを得ることができます。 もちろん研修そのものも有意義で、グループワークが行われるケースが多いです。グループワークとは数人でグループを組んで与えられた課題をクリアしていくというものです。あまり知らない者同士が、懸命にコミュニケーションを重ねるのでより大きく成長できます。

高いレベルの人間を間近で見る

社内にも優秀な人間はいますが、当然ながら社外にもいます。そんな優秀な人間とじっくりコミュニケーションできるのが社外研修の良さでもあります。今の会社には無い発想や取り組みを吸収できれば、自分だけでなく会社も成長させることができます。そもそも、収穫を得る為の研修なので参加者は常にアンテナを張らないといけません。中には少しレベルの低い人間も参加しているかもしれませんが、どのような部分に問題があるのか察知するのも重要です。発言のおかしな部分や矛盾点を発見する癖をつけておくと、交渉の時に役立ちます。 色々な刺激があり、人脈が広がればビジネスチャンスも発生します。研修自体も有意義ですが、研修の後も様々なメリットがあります。

社員教育を効果的かつ効率的に行う方法

社員教育は集合研修だけでなく、オンラインで行うeラーニング形式もあります。各自のスケジュール調整も行いやすいので効果的かつ効率的です。